【予約】 ハニーさんの自伝エッセイ ねえねえ、ミツバチさん 仲良く一緒にどこ行こう (船橋康貴著)

価格: ¥1,512 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

2018年7月20日発売

「ハニーさんの ミツバチ目線の生き方提案」との同時注文で、送料(270円)が無料になります。>>>>> [2冊セットのカートへ]


ハニーさんの自伝エッセイ
ねえねえ、ミツバチさん 仲良く一緒にどこ行こう

ミツバチが受粉してくれた
人・街・未来のものがたり

ハニーさん こと船橋康貴。
ある日突然、社長を辞めて養蜂家に転身! 
地球・人類の危機を救おうと奮闘するハニーさんを助け導くのは、いつもミツバチたち。
パリ・オペラ座に飛び込んだり、ディズニーと交渉したり。壮絶、驚きのハニーさんの半生記!

 

目次より


はじめに

第1章 トップセールスマンから養蜂家へ
 営業力をつけた、お金のない小学校時代
 とにかく安定した「大きな会社」に入りたかった
 娘の死
 環境の仕事の世界でなぜ人が苦しむのか?
 「知識」を「知恵」に変えるコネクター ミツバチとの出会い
 ようやくこぎつけた養蜂家としての一歩

第2章 都市型養蜂の元祖 パリ・オペラ座へ
 パリへ オペラ座へ乗り込む!
 オペラ座と姉妹提携
 「尊敬する日本人」として応えたい
 国家が認めるフランスのミツバチ教育

第3章 ミツバチ絶滅の危機
 ミツバチはすべてを教えてくれる大先生
 ミツバチが世界中でいなくなっている
 「明日の自分のご飯のため」にミツバチの問題を考える
 ミツバチを守ることで解決できること

第4章 ミツバチを救え! ディズニーへの挑戦
 くまのプーさんしか世界を救えない
 ディズニーへの命がけの交渉
 最後の30分間ですべてが動いた!
 ミツバチ保護活動を加速させるために
 僕は道具として使ってもらっている

第5章 託されたバトン
 小鳥たちの知らせ
 ミツバチの話に響く人、響かない人
 真弓定夫先生との出会い
 真弓先生からのバトン

第6章 待ったなしの地球の今を伝える役目
 人の意識が変われば地球環境も良くなる
 ローカル極まればグローバルになる
 ミツバチ幸せ会計
 伝える人、ハニービート

第7章 ミツバチが教えてくれること
 ミツバチは自然の循環の真ん中にいる
 子どもはミツバチのいる庭で育つもの
 水平統合できる人材を育てる
 頭で加工するな、肚で動け

これから――あとがきにかえて

(A5並製 124頁)

 

【 著者プロフィール 】
◎ 船橋康貴 ( ふなはし やすき )

 

 養蜂家

 環境活動家

 一般社団法人ハニーファーム代表理事

 

1960年名古屋市生まれ。中京大学文学部心理学科卒。
経済産業省産業構造審議会専門委員、名古屋工業大学非常勤講師、日本福祉大学講師、省エネルギー普及指導員、愛知県地球温暖化防止活動推進員を歴任。
2012年 一般社団法人ハニーファームを設立。以降、世界中で激減しているミツバチを守るために、環境のプロとして、ミツバチを使った「ハチ育」や町おこしなどを行なっている。

 



ページトップへ