武田惣角と大東流合気柔術(改訂版)

価格: ¥2,160 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

《 本書にお話をいただいた方々 》

佐川幸義 大東流合気武術宗範
――たゆまぬ修行を続けて八十年

堀川幸道夫人 堀川ちゑ子 (堀川幸道 大東流合気柔術免許皆伝・名人) 

井上祐助 大東流合気柔術免許皆伝、大東流合気柔術幸道会総本部長
――不滅の合気を全身に秘めて

佐藤啓輔 教授代理
――我が武道遍歴 師・武田惣角の思い出

久琢磨 大東流合気柔術免許皆伝
――大東流合気柔術総伝技を次代に託して

近藤勝之 大東流合気柔術本部長
――「武道即ち人生」を座右の銘に

森恕 大東流合気柔術琢磨会総務長
――大東流技の研究・練磨・伝承を目指して

岡本正剛 大東流合気柔術六方会宗師
――天地前後左右の六方に対応する技を求めて

武田時宗 大東流合気武道宗家
――父・惣角直伝の大東流を守って
“惣角は字が書けない人です、書く時には人に書かせていました。しかも裁判官や判事にね”“相手が打ってきた時、ぱっとかわしてすぐ斬りかえして押さえる。これは手が効かないとできないのです。この手の返りに大東流の極意がある”

スタンレー・プラニン 合気ニュース編集長
――論文 武田惣角の足跡を辿る


(B6判 ソフトカバー 312ページ)


初版『武田惣角と大東流合気柔術』に、あらたに佐藤啓輔氏(惣角より昭和10年教授代理を受ける)のエッセイ記事を加え、〈改訂版〉といたしました。

ページトップへ