DVD 合気道クラシックス vol. 1

価格: ¥6,480 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

第二次大戦後の合気道興隆の原動力として活躍した師範方の貴重な演武フィルムを一挙公開。50年前の合気道開祖植芝盛平の映像のほか、開祖の教えを基に、それぞれ独自のスタイルを発展させた若き師範方の技を収録!合気道愛好家にとって待望のDVD。

[収録内容]

塩田剛三 (養神館合気道創始者 1915-1994)
前半の映像は、1980年頃に行なわれた養神館合気道演武大会における60代半ばの塩田館長の演武。後半は、1984年の養神館新宿道場開きでの当時69歳の塩田館長の演武。

藤平光一 (心身統一合氣道宗主 1920年生まれ)
1962年、アメリカの映画会社が合気会本部道場で撮影した貴重なフィルム。このドキュメンタリー企画は完成されることはなく、フィルムはカリフォルニアの倉庫に眠ったままであったが、1985年にスタンレー・プラニンによって発見された。当時合気会本部道場師範部長だった藤平師範の氣の養成法、自由技、多人数掛けなどを収録。

植芝吉祥丸 (合気道二代道主 1921-1999)
上記同様スタンレー・プラニンによって発見されたフィルム。指導の様子をはじめ、自由技や多人数掛けが収められており、1960年代初期の合気会本部道場の稽古風景を伝える貴重なフィルムである。

斉藤守弘 (合気会茨城道場長 1928-2002)
1973年に茨城県岩間で撮影されたもの。当時斉藤師範は茨城道場長として合気道修練道場で指導をしていた。当時の岩間の修行風景や合気神社などが映されている。当時45歳の斉藤師範の力強い正確な技を、太刀取り、杖取り、短刀取りなど武器技の演武と共に収録。

植芝盛平 (合気道開祖 1883-1969)
最初の映像は1954年頃、旧合気会本部道場で撮影された70代の合気道開祖植芝盛平翁の演武。受けは若き日の塩田、藤平、斉藤の各師範。二つ目の映像は1962年、城北支部道場5周年記念演武大会における開祖の演武を収録したもの。開祖の制御の効いた鋭い技は、全ての合気道家が目指す理想の姿である。


(収録時間 48分)

ページトップへ